2016年10月05日

カードローンが返済が出来なくなったところに毎月の給与が差押えられてビビリました!!

僕は札幌市で派遣社員で働いていますが、手取りは大してもらっているわけではありません。ボーナスもつかないのですが、病気で障がいを抱えている兄弟の身の回りの世話をみたりいる状態なので、月々の費用はどうしても多いしまいます。ちょっとでも条件のいい工場をハローワークに行ったりしてはいるものの、今もらっている給料ままではとても食べるのがやっとで困ることもしょっちゅうだったので、カードローンの借入額も増えていました。

返済がとうとう数ヶ月間滞ってしまったところに、なんと、派遣元から賃金債権が差し押さえられてしまったとメールがきたのです。派遣会社の人の詳しく話をでは、サラ金業者の差押えを行ってしまったので、私のお給料を振りこむことができず、供託をなるとの説明されました。お給料がもらえないと聞かされたショックももちろんますが、作ってしまった借金を返せずにいるこの状況を派遣会社の人に知られてしまったのにも本当にショックで何を言えばいいかわからなくなりました。

その時派遣会社の営業スタッフがこういう事ならと助言してくれ、弁護士事務所にこのことを相談して来いとすすめてされたのです。自分もホームページなどでいくつか調べた見たのですが、弁護士会の相談センターで紹介してお会いした弁護士の先生はローンや借金の問題に専門対応した法律事務所でした。相談を聞いてもらった弁護士にこれらの件を相談すると、債務清算の手続きをすれば借金を減らせるいうアドバイスをされました。今現在の資産状況から破産することを裁判所で申請し、同時廃止の申し立てを行い、差押えが解除されて、抱えていた債務の精神的負担からも脱出ことが出来て、前向きに生活をやり直しができるとのこと。ぼくは免責決定される期間に働くことが出来ない仕事でもありませんのと、契約している派遣会社にも僕が借金に困ってると知られていましたので、私は自己破産についての諸々の手続きをお願いしました。ブランド品の買い物等で生活費の浪費が止められないということではありませんでしたので、思いがけず早く破産申請が認められたのでした。6ヶ月以上破産申請が下りない人もいるということと伺ったのですが、弁護士の方のお力添えのおかげ、約75日程度で破産が下りました。

増えた借金の返済に苦慮することがなくなった上に、今まで通りの生活や月給は確保できるので、本当の意味で再出発出来て何よりです。当分、クレジットローンを借りたりはませんが、逆に、クレジットカードで返せず真っ青になるなんて可能性も本当に0ました。一人で悩みを抱えず早めに借金の相談に連絡すればよかったと非常に反省しました。


「連帯保証人として支払い命令がきたが払えない場合の対処法」 より引用

保証人. 連帯保証人でなく、保証人の場合、契約者が返済を滞らせ保証人の元へ債務 者から連絡が来た場合まずは契約者に請求をしてくれ、と言うような事をいい、契約者の 返済能力を問う事が出来ます。 ... 闇金解決法を見てみる. はじめての債務整理※ ...…(続きを読む)

引用元:Yahoo知恵袋 http://www.wsspcs.com/shiharaimeirei.php


posted by ウェルナー at 01:45| 弁護士